しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】

DIY

話は先月、お盆の頃に戻ります。
お盆の法要の前に、おばちゃんが果物を買ってきてくれ、お仏壇にお供えしてありました。『痛まないうちにししゃもちゃん達で食べてね~』と言われて、法要が終わってすぐに冷蔵庫に入れてたんです。

梨が2個とリンゴ1個とオレンジ1個。
食べよう、食べようと思いながら、早1ヶ月。ぷっこが指を負傷したため、しばらく包丁を握れなかった(刃物が怖かったし痛かった(;・∀・))のもあり、そのまま放置プレイしてました。

見たら、梨とリンゴがしわっしわに。触っただけで、すかすかのスポンジみたいになってるのが分かります(;’∀’)。
生のまま食べてもおいしくない感じになっちゃった(;’∀’)。
こうなったら、砂糖で煮てパイにでもするかな~、でもまだ暑いからそんな気力もないな~(;´Д`)と思っていたら、Twitterで”サングリア”の記事を見かけました。

これや(∩´∀`)∩。酒に漬けたれ(∩´∀`)∩。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
と、いうわけで材料を揃えてみた(・∀・)ゲヘヘ。

旦那に言ったら、失笑しながらも許してくれました(普段、お酒は厳しく管理されてます←プチアル中だから(;・∀・))。

サングリアってそもそもワインに果物を漬けて作るお酒なんですけどね。
ワインにも美しくない思ひでがあるぷっこ(紫色のキラキラをマーライオンしたことがある)は、自分の好きなウイスキーで漬けてみることにしたんだな(こういう発想がアル中)。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
しわしわになっちゃった梨・リンゴ・オレンジ。
トップバリュのウイスキー 720ml。
きび砂糖(家にあった)。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
果物を薄切りにします。
薄い方が味が沁みやすいかな~と思いまして。

果実酒用の瓶を煮沸消毒して、水気を切っておきます。
しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
果物を入れて、きび砂糖を100gほど入れました。
サングリアは普通砂糖は入れませんが、今回ウイスキーだからね。
甘い方が飲みやすいかな~(・∀・)ゲヘと思いまして(アル中)。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
ウイスキーを注いで、フタして混ぜた所。

このまま丸2日。
しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
砂糖溶けて、いい感じです。

試飲、試飲♪(∩´∀`)∩
とりま、ロックで~(∩´∀`)∩。
しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】

めっちゃ、ふるーてぃー(∩´∀`)∩。

美味しいわ~。
今度、親友が家に遊びにくるから、一緒に呑みませう(∩´∀`)∩。

それまでに呑み切ってしまわないように、セーブせねば(∩´∀`)∩。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
へべれけにならないように気をつけます~。

しわしわの果物の有効活用【ウイスキーでサングリア風】
酔っ払いの母ちゃんのマネしてるおしめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました